新しい同士が仲間になりました。

目安時間 3分

こんにちは!

たきとにんです。

 

また、同士が増えました~。
冨田先生です。

 

冨田先生との出会いは10年くらい前になります。

自律神経・うつ病を共に学んだ仲間です。

 

私が生涯の中で過去最高に忙しかったとき

突然、整体院を任せていた副院長に辞表を

出されました。

 

その時の私は東京、大阪、茨城とセロトニン活性療法や

協会員向けの勉強会、研究、

ひろカイロ整体院で施術と休日無しのスケジュールでした。

 

副院長がやめて

当時、3人いたスタッフも全員辞めて

私一人になってしまったので

ひろカイロ整体院の施術は

とても手に負えませんでした。

 

悪いことは重なる物で

年末には40度の高熱を出して倒れ

5日間熱が下がりませんでした。

 

「もうこれは、整体院を閉めるしかないかなぁ~」

 

セロトニン活性療法協会の仕事だけにしようかな~

と決断したときに

 

冨田先生から

「整体院のおてつだいしますよ。うちのスタッフも使って下さい。

閉店するのは思い直して下さい。」

と声をかけてもらいました。

 

その時、タイミング良く求人募集で相澤先生が入社してきて

新人研修の3ヶ月間、冨田先生とスタッフの鈴木先生に

整体院を手伝って頂きました。

 

あのときは、天国と地獄を見た感じです。

 

本当に苦しいとき、助けて頂いた

そのご恩は胸に染みこんで

生涯忘れません。

 

もし冨田先生がいなければ

ひろカイロ整体院は

閉店になっていました。

 

 

このご恩は、いつかきっと・・・。

 

 

 

 

 

 


この記事がよかったら上の画像をクリックしてください。

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前 

 

メールアドレス 

 

URL (空白でもOKです)

 

コメント

トラックバックURL: 
最近の投稿
カテゴリー
タグ
アーカイブ
筆者プロフィール

滝本

滝本

■実績 ○2006年自律神経に特化した専門整体院を開業 ○脳内神経伝達物質セロトニンに対する整体の効果を医学誌に論文が登録されたことは治療業界初。 ○【セロトニン神経活性化の臨床的評価:脳波α2成分の発現】を国際生命情報科学学会(ISLIS)で発表 (2016年3月) ○医学誌「医学と薬学」に【健常成人に対するセロトニン活性療法の影響に関する研究】の論文を登録(2019年3月) ○医学誌「診療と新薬」に【セロトニン活性療法が健常成人の唾液中のセロトニン分泌に与える影響】の論文を登録(2019年8月) ○2017年10月セロトニン活性療法認定マスター講座開講